サババヤシ自己紹介はこちら
雑記

30歳、何がめでたい。思ってたんと違う。

とうとう三十路に突入しました。

 

良いことなのか悪いことなのかわからないが。

 

振り返ってみればあっという間であった。

 

あっという間過ぎて気持ちはまだ20代前半である。

 

思っていた30歳とは全然違う、というのが率直な感想だ。

 

もっと言うと「こんなはずじゃなかった」という感覚の方が近いかもしれない。

 

僕が社会人なりたての頃に思い描いていた30歳と全然違う。

 

あの頃はまだ夢も希望もあった。

 

夢と希望のあった社会人1年目

 

世間体も悪くない会社に入社。1年目は仕事のミスも多く、悩むこともあったが、入社して間もないということで、まだまだ自分には伸びしろがあると信じ、めげずにやっていた。

 

当時30歳の先輩にどやされている時も、

 

サババヤシ
サババヤシ
ふん、俺が30歳になったらお前よりもバリバリ仕事ができるようになってるからな!

 

と今に見てろという感情をバネに毎日頑張った。

 

将来に希望がある分、出社が苦痛ではなかった。

 

毎日が勉強だと思う余裕があった。

 

30歳になったら今より人間関係が良好になって、仕事が円滑に進んで楽になると思っていた。

 

プライベートもなんやかんやで順調にことが進み、可愛い彼女がいたり、結婚していると信じていた。

 

しかし現実はそう甘くなかったのである。

 

30歳になった現在

30歳になった今、仕事への情熱はほとんどなくなってしまった。

 

仕事に行くことが日に日に苦痛となっている。

 

世間では働き方改革だなんだと騒がれているが、うちの会社の場合は仕事量が増えているのに人は減っているため一人当たりの仕事量が増えてしまっている。

 

人間関係も良くない。

 

ダメ後輩、話をきいてくれない上司。無駄口ばかり叩く同僚…。

 

職場にいてもイライラすることの方が多い。

 

ここまで書いて思ったことがある。

 

なぜ僕はこんな会社でいつまでも働いているのだろう(笑)。

 

ブログでウダウダと愚痴を言っている暇があるのなら真剣に転職を考えるべきである。

 

30歳、悪いことばかりではない。

 

マイナスな点ばかり挙げてしまったが悪いことばかりではないと思っている。

 

30歳の現在、良いことを挙げるとすると

 

①貯金ができた

社会人を7年半続けているため、それなりに貯金はできた。

普段から浪費するタイプではないし、子ども部屋おじさんの恩恵もあずかってそれなりの貯金ができた。

 

②自分が思っていたよりも30歳は若い

30歳になると、食欲がなくなったり、腰が痛くなってきたり、髪の毛が薄くなってくるんだろうなと昔は心配していたが、案外そうでもなかった。

20代前半の頃のようにバリバリやる!とまでは行かないが、まだ何かに挑戦しようという気持ちは残っている。

 

①②を踏まえて、いっそのこと仕事を辞めてしまい、新しいことにチャレンジすることもありなのかもしれないな。