サババヤシ自己紹介はこちら
雑記

そこらへんの自己啓発本読むより新聞読んでた方が自信がつくと思う

お疲れ様ですサババヤシです!

 

2019年の目標の一つとして、「新聞を読む」を掲げていきたいと思います。

 

今年入ってから、まあたった一週間ですが、毎日新聞を読むようにしています

 

毎日新聞を読んでいますが、「毎日新聞」ではありません。サババヤシ家でとっているのは「読売新聞」です。

サババヤシ
サババヤシ
めっちゃおもんないこと言ってる…。

 

新聞は音読して読むのがオススメ

新聞をただ読むだけではなく、声に出して「音読」するのがオススメです。

 

声に出して読むことで頭がスッキリしてくる気がしてきますし、内容が頭にも入ってきやすいですからね。

 

漢字の読み間違い対策に

あと、音読することで、普段あまり意識していなかった漢字の読み方を意識するようになるのです!

 

恥ずかしながら、漢字の読み間違いをよくしちゃうんですよね。

 

そもそも読み方を勘違いしちゃってるみたいなパターンが多いんです。

 

今まで勘違いしていた漢字の読み方

・「温床」…おんどこ✖️  おんしょう○

・「下火」…しもび✖️  したび○

・「矢面に立つ」…やづらにたつ✖️   やおもてにたつ○

・「神々しい」…かみがみしい✖️ こうごうしい○

などなど…。

 

他にも挙げたらきりがありません。

 

職場でどや顔で

サババヤシ
サババヤシ
昨日取引先でクレームの嵐でやづらに立たされたわ〜(笑)。

 

とか言ってた自分を殴りたくなります(笑)。

 

そんなわけで漢字の読み間違いには細心の注意を払っているのです。

 

読み方が合っているか不安な時はその都度検索

新聞を音読していると、「この漢字ってこの読み方で合ってたかな?」と確認したくなるような漢字が山ほど出てくるので、その度スマホで「○○ 読み方」で検索して確認します。

 

これを繰り返すことによって、漢字の読み間違いを減らし、ひいては会話で使える語彙を増やすトレーニングになるでしょう。

 

忙しい時は社説だけ読む

仕事が忙しくなってくると新聞を読む行為がおろそかになってくることが予想されます。

 

忙しくなってきたら、新聞のすべての面を読もうとするのではなく、「社説」を読むだけでも良い効果が得られると思うんです。

 

「社説」は最近の情勢を踏まえて、新聞社の持論を展開していくものですが、経済情勢や国際情勢の概要をコンパクトにまとめてくれています。

 

そして毎日「社説」を読んでいると大体の世界情勢を覚えてくるようになりますね。

 

とりあえず僕は「米中貿易摩擦問題」という言葉だけ覚えました(笑)。

 

読売新聞の社説は、大きく思想が偏っているような主張をしているわけでもないし、比較的読みやすいです。

 

仕事の日も朝少し早めに起きて、社説だけ読んでから出勤するのもありかな〜と思ってます。

 

新聞は面白い

新聞っていざ読んでみたら、面白いです。

 

今まで単語だけ知ってて内容は深く知らないようなことも新聞では詳しく書いてくれてたりして「なるほどなるほど〜」ってなります。

 

知的好奇心が刺激されちゃいますね。

 

まあ僕が世間知らずなだけかもしれませんが(笑)。

 

そして読むだけでなんとなく自信がつきます。

 

世の中の動きを知った気分になります。

 

新聞は驚愕の安さ

冷静に考えたら新聞の提供する情報量って半端ないですよね…。

 

新聞1日分でも結構な厚さなのにそれが毎日配達されるんだから驚きですよね。

 

それだけ多くの情報が提供されて月額3,400円とかですよ!

 

1日当たり100円ちょいだなんて…。めっちゃ安いやん。

 

中途半端な本より新聞を読むことを優先する

経済雑誌とか自己啓発本を読むより、毎日新聞を読むことの方が知識量も増えるし自信につながると思います。

 

何より安い!

 

最近は電子化にも対応しているみたいで、読みやすい環境が整ってきましたね。

 

せっかく目標に掲げたんで1年間新聞を読み続け、自分にとって良い変化が生まれるか検証していきたいと思います!