サババヤシ自己紹介はこちら
社畜生活

上司に思いの丈をぶつけました

お疲れ様ですサババヤシです。

 

職場の現状にどうしても耐えきれず、上司に僕の想いを訴えました。

 

ダメ後輩と仕事をしたくないことを上司に相談

前にも直属の上司にはちょこちょこと相談はしていたのですが、おそらくこの上司だけでは埒が明かないと思い、直属の上司の上司にも同席してもらい、話を聞いてもらいました。

 

残業時間が多いのがしんどいのはもちろんのことだが、ダメ後輩の相手をすることが精神的に堪えるためこの状態が今後継続されるのであれば、自分は今の部署でやっていける気がしない。

 

なので、ダメ後輩を他の部署に異動させるか、それが無理なら僕をどこか別の部署に異動させて欲しいと正直に伝えました。

 

直属の上司とその上司は「お前そこまで思い詰めてたんか…。」みたいな感じで話を聞いてくれて、真剣に話しを聞いてくれてたと思います。

 

ダメ後輩、異動確定か

上司の上司曰く、ダメ後輩のことは課内でも問題視されており、今後の処遇をどうしようか、という話は前からあった、とのこと。

 

すでに人事部に話をしていて、今度の異動シーズンにダメ後輩の異動をお願いしているらしいです。

 

その話は全く知りませんでした。寝耳に水です。

 

とりあえず異動がある4月までの間は大変かもしれないが頑張って欲しい、その間、上司が仕事をしっかりとフォローするつもりだ、とのこと。

 

そこまで言ってくれるのなら…というわけで、この話し合いはここで終わりました。

 

会社のことなんて信用しきれない

ただ、4月にダメ後輩が異動するなんて眉唾もんですけどね。

 

人事にお願いしたからって絶対に要望が通るわけではないですし。

 

もしかしたらその場しのぎで上司が嘘ついている可能性だって否めません。

 

こういう時に「組織で働くのってしんどいな〜」ってなります。

 

自分だけではどうしようもならないことが多すぎるんですよ。

 

僕の努力だけではどうしようもならないです。

 

いっそのこと僕がゆるゆる部署に飛ばされないかな〜。